TOEOブログ。冒険の記録、共に戦った人々の記憶。リンクフリー。
(C) いのまたむつみ (C) 2000 2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED. Powered by DWANGO
モルル聖、壁脱出す。
f0070573_1723148.jpg宣言通り、とりあえずテラロス×1を左右に逃げながらぼちぼち狩っていた。
途中ものすごいモリモリの援護をいただいくものの、武器はまったく出ない。
ま、それもいい、とりあえずそろそろレベルアップするかな?……というところで、
PTに誘われた。夕方に出かける用事があるためまた長くはなかったが、
始めて一週間経ってないとは思えない2人の前衛さんとしばし赤敵を狩る。
>hajigonさんだっけな。辻援護サンクスでした。

はっきり言って正真正銘正式に入って初の完全援護役だったため、ものすごい緊張していた。
で、緊張しすぎているため何もできない。
TPはヒールのためにとっておくのでフォトンは1発だけ……、
とかいいながら最初は必要もないのにライフサークルを撃ったりもしてまったく燃費が悪かった(汗。
そんなアフォアフォ聖を温かくレベルアップまで見守ってくだすったおふたり、ありがとう。
また遊んで下さい(涙。>クルセードさん、ぷっちゃんさん、お疲れでした、また!^^

いつもは援護される側が多かった故に、
後ろでHPの様子を緊張気味に見ている無動の時間は、とてもそわそわしてしまう。
何もしていない訳じゃないが、敵を叩けない自分が無力な気がしてならない。
が……殴りに行くのはさらなるTP消費につながるのは明白だった。
ここはグッと我慢と戸惑いながら後方で悶える。やっぱり職はいろいろやってみるのが面白い。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-03-20 17:15 | 記 録
<< L30 PENクエのついでにこ... 銀行内容。 >>