TOEOブログ。冒険の記録、共に戦った人々の記憶。リンクフリー。
(C) いのまたむつみ (C) 2000 2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED. Powered by DWANGO
バロールとミンツにて剣。
f0070573_1052351.jpgモルルでの出来事を書き忘れていた。
ものすごい前の話だが、また師匠に出逢えた。
感動した(総理風)。
……総理風といえば某総理名の方はご健在なのだろうか。
シャウトで「感動した!」って言ってくれるのが好きだった。
機会があれば入閣(一緒にPT)を狙っていたのに……。
ま、話しがそれたが。

モルルにて師匠からまた賜った称号を記念に1枚。光栄だ。
ついでにL33ではあるが、当初の育成予定と見比べてみる。
TP、力に関してはOK。
防御は単純な値ではクリアしていないが、
装備でなんとかクリア。知力と命中が、ちょっと危うい状況だ。
……ということで、これからは知力と命中に少し振っていく。

で……バロールで未入手の「雄叫び『厳』」を取るため
算術道士のPENクエにトライ。
ハンターを殺戮し、どうにかやっとこ手に入れた。
次に装備を売りに行こうとミンツへ。シャウトするも不発。


なら以前失敗した水晶霊の3をとPENクエ・トライ。洞窟内のお使いもこなして綺麗な身になった。
物も売れないし、持ち物も減ったしでまた古巣バロールへトンボ返り。
パタを貰えるといいなぁ……という淡い期待でまた道具屋のPENクエを行う。
NPC格を連れ回し、美容水お使いがてらのミラク岬・北の浜辺でミルビーホースを乱獲。
秀絶の刻印とあおのかけらがいっぺんに出てビックリする。「ブリッ」って音がした感じ。
また気を良くしてクエを終了させたのち、1人で狩りに訪れた。
微々たる経験値が入るので、それをチマチマ積もらせながら浜辺でL34を迎える。
続けてみるとまだスズメの涙程の経験値は入ったが、
レア的アイテムの気配も断然薄らいだため帰るつもりで場所を移動。
夢の片道切符で岬へ来ていたために、帰りは徒歩だ。で、運命のナシラ地下洞窟・入口に到着する。
なぜかそこで「白印」的を発見した。クレセントスターという。興味本位で狩る。いける。狩った……。
クレセントスター+ミルビーホースのペアより2枚目の秀絶の刻印を入手。
経験値70代、ドロップも2種類(古びた鱗と海辺の貝殻)ということで、
刻印を期待しつつの良い戦闘ができそうである。
注意点がひとつ。スターとオレンジアメラニのペアは被弾が多いので、剣は逃げることをお勧めする。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-03-25 11:13 | 記 録
<< バロールにて剣。 バロールにて聖。 >>