TOEOブログ。冒険の記録、共に戦った人々の記憶。リンクフリー。
(C) いのまたむつみ (C) 2000 2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED. Powered by DWANGO
ミンツにて剣。
ここのところ、レベル上げに気合いが入っている。
特に急いで欲しい刻印があるわけでもなく、装備もレベル相応(たぶん)ゆえに、レア狩りの必要性がないからだ。
現在L83。ラサラスにいるグレートエント単体では確か70代の経験値になってしまった。
サクサク狩れるので全体で見ればイイ相手なのかもしれないが、
なんとなしに「いや、もうちょっとイイ敵がいるはず……」と、最近の相棒ハリー(NPC聖)と共にそこいらをウロウロ。
まずはPENクエで訪れるマンティコアのいる洞窟内でブラウンポッドなんぞを叩いたが、
ひじょーにびみょーにレベルが足りない。3戦ほどしかできないうえ、聖のTP消費が激しいのが判断基準。
次に1人で出歩き、ラサラスの北部入り口すぐのグレートエント+サーシリズを発見。
どちらも火が弱点ということもあって「いける」と思い、ハリーを呼び寄せて挑んでみると92exp。
落とし物のベルベーヌ+肉鍋+ファイア・ルツェン、カオス5鯰を使用。
閃空翔裂破『魔』→秋沙雨『命』(木消滅)→閃空裂破『命』→虎牙破斬単発(全部デッキ入り)で勝利。
ステ振りによって誤差はでるだろうが、私の剣は力に5しか振っていない(ぷ。
大半の剣さんなら私よりも楽に勝てる……かもしれない。(知力は現在81)

ちなみにかねてより狙っていた一番お似合いだと思っているリボン「マーガレット」のS付きを意地で落とした。
始めはスリーターの2体編成しかみつけられず、忍耐の刻印を土産に貰って微妙な気持ちに。
絶対3体編成がいるはずだ!と、一種妄想に囚われた目をしてゆらゆら歩いていると、
夢か誠か、いや現実に3体編成が存在した。しかも蜘蛛付き。
リボン以外にも何かを期待しながらザクザク鬼の形相で殲滅していたが、
結局南極スリーター氏の手持ちアイテムが順番に出てみたりして、お約束のようにリボンは最後。
でもまぁ……やっぱり継続は力なりということと、努力は無駄にならないということかな。

f0070573_19133074.jpgなんかもう誇らしげな顔しちゃって!……って感じ(ぷ。
さっそくこのリボンには、
沈黙耐性になる刻印(雄弁かな?)をべたべた装着。
あとはカシム90鎧に衰弱耐性をつければ
レア狩り用装備の完成……のはず。
となれば……今度は強壮狩りか。
大好きな熊との蜜月はまた少し先のご様子。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-12-25 19:21 | 記 録
<< 謹賀新年 ミンツにて剣。 モルル、バロールにて剣。 >>