TOEOブログ。冒険の記録、共に戦った人々の記憶。リンクフリー。
(C) いのまたむつみ (C) 2000 2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED. Powered by DWANGO
ミンツ、モルルにて格。
f0070573_12461246.jpgL28の50%から、まったく微動だにしていなかったのを動かす。
時間的にPTが組めないので、セヌギス海岸でつよミミズを狩った。
すべてデッキ入りの技を駆使し、パナシさえ切れなければ危険はない。
とんとんと経験値は貯まり、問題の壁レベル到来。
どうにか2時間程余裕ができたのを機に、
PTシャウトをしてみたが……不発(涙。
しかたないので、ソロでよさそうな場所を探して点々とした。



時間がかかって経験値100以上か、質より量の経験値50代か……。
結局私は後者を選び、しかもつよミミズよりも当たり判定の大きなキノコを壁越えのお供に決定。
毎トライ10%と決めて、ちまちま壁をよじ登っていく算段だ。
当然時間ができたら、ミンツに戻ってPTを探し、ムフリッドへ直行するつもり。
L30になったら彼も一段落だ。通常攻撃の間合いがつまるガントレットを早く装備させてやりたい。
それにしても、この輪郭Bだったかな? 戦闘終了時の台詞「みたか!」のニュアンスが、
「三鷹」になっており、どうしてもツッコミとして「中野!」とか心の中でちょっこり叫んでしまう。
あと「油断するな!」ってのも、「そりゃおまえだっつの!!」という感じ。
なかなか天然ボケ?なところに、今愛着を感じている。

そういえば、クリスマスプレゼントをいただいた。ノテ吉より温和の刻印である。
ありがたくいただいて、さっそくダルサンに注入。現在メディテイト3、ホカホカ(愛。
3キャラみんなで大事に使わせていただきます。ありがとう(礼。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2007-01-06 14:09 | 記 録
<< モルルにて格。 謹賀新年 ミンツにて剣。 >>