TOEOブログ。冒険の記録、共に戦った人々の記憶。リンクフリー。
(C) いのまたむつみ (C) 2000 2005 NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED. Powered by DWANGO
カテゴリ:記 録( 119 )
てっきりこのまま正式突入かと。
誠に勝手ながら、正式開始までに間をあけずいくものだとすっかり思っていたアホな私。
そうか、よく見れば今日で終わりじゃないか。あらら。
しかも今晩の混雑に対応するためなのか、これからメンテらしい。
ちょうど仕事に合わせてログアウトして良かった。
今日の出勤の際、大型量販店に立ち寄ってパッケージでも買おうかとも考えていたが、
またこれ誠に勝手な妄想で、前売りなんぞしてないときた。発売はひなまつりの日。
できた暇で春物と冬物を整理しよう。
とりあえず現在のキャラたちの成長度。左上・聖19、その隣・剣20、聖の下・魔17(紹介時と変わりなし)。
魔の迷いっぷりがすごい。そして剣が少々伸び悩み中。聖は……今スラッガーに殴りかかっている(ぷ。
酔い止めは買ってあるが、レベル上げにちょうどイイ。
キークエが一番進んでいるのは剣である。現在青箱。他は酔い止めをまだ飲んでいない。

f0070573_14121131.jpgf0070573_14133697.jpg
f0070573_14135665.jpg
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-28 14:15 | 記 録
はたまたモルルにて。
ついに3キャラ目の魔法少女?をキャラクターにアップする。
すでにL17という画像が恐ろしい(笑)。
なんだかんだで寝休憩は一番多いものの、剣・聖に比べ、酷く劣る訳でもなさそうだ。
ただ、じゃあ3職種のどれが一番やりやすいかとなれば、
好みでいえば剣、真面目にゲームを進めるなら聖……と、
やっぱりいらない子?な雰囲気を醸し出す魔である(笑)。

魔をやってみて痛感したのは、私は戦士、剣士系の性格だということ。
殴ってないと嫌らしい。魔でも殴りに行く。ぼーっとしているのが大嫌いなようだ。
ただ、きちんとガードは使うしタメ攻撃は避けるので、死亡率は非常に低い。
そこはちょっと自慢なのだった。(NPCを頼って2度は逝ったがおんぶは未経験)

たぶん正式になった時は、パッケージ版を購入し、それについているフリーパスにてしばし遊ぶことだろう。

余談:やっぱりモルルの人達は死にすぎ……。
でもいきなりPTに誘ってもらえる率が高いのもモルルだったりする。
プレイヤー年齢の低さが窺える(笑)。非常に微笑ましい。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-27 18:07 | 記 録
ちょろっと魔術師。
CSINYまでの時間を潰そうと、モルルで魔を始めてみた。名前はF.S.S.の魔女っ子より。
モルルはCβで格闘家を放ったものの、街の入り組んだ作りからしてイライラし、
結局はレベルを上げることなく終了していた。
今回はすでに「あの街は面倒である」という意識があったことと、
魔はレベル上げや戦闘が辛いという前評判を知っていたこともあり、
忍耐強くいこうという心構えができており、どうにか何やらゴソゴソと進める。

まずはいきなり降り立った場所から街の外へ出てスライムを乱獲。
人型がいたものの、このエリアのものは寝ていても襲ってこないようだった。
モルルは優遇されてる?……と思ったりする。
そこでササッとL4まで上げ、L1のPENクエを2つ消化した。
途中何人もおんぶされる人を見かけた。私もおんぶをした。みんな死に過ぎである。
たぶん、NPCと同伴で倒すと経験値が調子イイように設定されていると思われる場所で、
単独戦闘になぜか突入する人が多いらしい。
もっと考えて行動しようね……ちびっこ達よ……。

なんだかんだで魔はNPCのお力さえあれば、短時間でレベルが上がる。
しかも金銭面でも問題なし。聖より装備を買い揃えるスピードが早かった。現在L7。それなりに魔法は揃った。
魔といえば、いらない子の代名詞のようになっている。
実際プレイをしてみて、些細なことだが始めて「これは厳しい」と感じたことは確かだ。
その些細なこととは、「魔法が当たらない」という点である。
動く敵を誰か(自分)が止めておかないと、追尾しない魔法が全弾当たらない。
唯一の大ダメージを浴びせる武器が剣士の命中率より命中が低いとなると、辛いとしかいいようがない。
命中の値を上げれば当たりやすくなるのだろうか? だったらまだ救われるのだが。
今から心配でならないのは、ワープする敵。絶対当たらないだろ、おい……みたいな(汗。

余談だが、魔はどうも可哀想な目で見られているらしい(笑)。
道すがら助けていただくことが多かった。優しさをありがとう。>†真紅†さん、スパさん、恩にきります(礼
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-26 00:55 | 記 録
旧友との再会。
本日少し遊ぶ。
初めは剣で換金狙いにスラッガー狩りをしていたところにウィス。
先日フレ登録をせずに時間切れでお別れしてしまったCβでのフレさんからだった。
お名前は変わっていたものの、まったりのんびり上手に遊べる方なので一緒に居て心地いい。
残念ながら剣士では生息地域が違い、バロールに居る聖でPTを組んでいただいた。
結束当初は剣さんも居て、黄色の敵ファントム相手にガンガン攻めた。
途中ご用事で剣さんが抜けたあとは、処方箋GETに向けバロール・シェアト湾でのスラッガー狩り。
ラスト戦闘で運良く処方箋が出たところで時間切れとなった。
少しの間だったが、とても有意義な戦闘ができたと思う。楽しかった。>幸祐さん、神宮寺-幸さん ありがと~
また逢えますように。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-25 14:03 | 記 録
途中経過。
f0070573_1443571.jpgミンツの剣ちゃん。今日はこちらから始め、
立て続けに単発PTを組ませていただく。>沖王さん、フィナさんだっけな。ありがとでした~^^
サクサクとチャコマウス狩りは進み、
レベルも上がるわアイテムGETだわで
なかなかウハウハな午前中を過ごす。
赤箱、青箱と購入したので、
キークエストは酔い止めを手に入れるのみだ。
何下にちょっとバカはイヤン……ということで、
知力を15まで上げる予定。レベルは17だったはず。
知力に振り終わったところでたぶん次はTP、次点は力辺りへ振る。

f0070573_14501293.jpgバロールの聖さん。今日はまったく触らず。
謎の辻補助をかまし、SSのみ撮ってログアウトした。
剣と聖、こうやって並べてみると、
聖の方が強く見えてしまう……。
コンボはないし、戦闘がスローで爽快感はないものの、
地道な冒険には非常に有利な職種だと痛感。こちらはL19。
火力のなさに思わず命中を30まで上げてしまった(汗。
今後は力と知力に振る予定だ。おりを見てTPを増やしていく。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-24 15:00 | 記 録
ぼちぼち。
聖からまた始める。シェアト湾とアルバリ森林で虫系狩り。
ワーカードローンとバンブルビー、2つの足がアイテム欄を占領するので数に注意。
バン足は港で換金できるが、ワー足はミンツのじじぃ換金アイテム。
とりあえず売っても5円なので銀行にないないする。
メンテまで短期PTをシャウトしてみるものの、聖にはNPCというライバルが居たことを失念(ぷ。
自分もお世話になろうかと思ったが、送り届けが面倒なのでソロをしばししてキリのいいところで終了。
Lはたしか19で、すでに貯金は1万円超。聖は経済的にも豊かな印象。

残り30分程度で剣のチャコマウス狩りに転向。
あっという間にL13まで上がった。雷神剣『力』を覚え大ハッスル。
ディレイの短い雷神剣を軸に、散沙雨と虎牙破斬を使い分けながら狩っていたが……
当然TPの減りが早い。
開幕初弾散沙雨、次点雷神剣、技溜まるまで寝る……という流れの方がちまちまとやれそうな気がした。
こちらでも超超短期PTを組みたいと思ってシャウトしてみるも不発。残念だった。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-22 13:05 | 記 録
バロールにてキークエ。
Cβで剣士の方が慣れているせいもあってか、案外ないがしろにして聖晶霊術士を使うことが多い。
使っていて思うのが、NPCとの相性の良さだ。
ほとんどのNPCは前衛系で突っ込んでいってはボロクソにダメージをくらう。
なので聖の補助能力がいかんなく発揮されるのだ。

クエストでなかなか手に入りずらいもの(赤・青宝箱)をサクサク購入し、
レベルも15を越えたので浅黒2人組にトライ&クリア。調子がいい。
ついでに穴あけ器クエも終え、次は赤箱だ。早く船に乗りたい。

バロールについてだが、お金を貯めやすいと感じる。
牙じじぃが最高。あと小さな実。薬草の根。この3人組に頭が上がらない。
L15以上なら交換のあるダイアウルフを狩れば牙も同時入手するので一石二鳥だ。

わんわん狩りにて短期PT2度。1度目の方はこちらが完全に動くグミ役で多少難あり(汗。
2度目の戦士さんお疲れ様でした(礼、サクサクでしたな。>イグニートさんだったかな。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-21 09:30 | 記 録
オープンβに参戦。
今日は午前中よりパスポートを入手し、さっそくCβでの名前で3体キャラを作成する。
今のところ全部を育てる気はないが、期限切れになる前に名前の確保をしてみた。

はたして……600以上のパッチが当たったにしては……あまり代わりばえはしていない(笑)。
Cβ体験者としては、またあの世界が戻ってきた……という感じである。別段げんなりもしなかった。
髪や目などのバージョンが、これから増えることを期待しつつ、
まずはCβでL30まで上げた思い入れのある剣士の子で遊び始める。
出発地点はバロールからミンツに変更。当然レベルは1から。
とにかく何に驚いたかって人の多さだ。平日の午前中だというのにどこから沸いたのか……。
夜にプレイしない自分としては、昼のサクサクおんらいんを期待していたため、ちょっとガッカリしてみた。
でもまぁ、仲間がそれだけ増えたということなので顔は正直ニコニコしていたけれど。

14:00から臨時メンテが入り冒険終了。ちなみに初めて1時間でL5にはなっていたと思う。
最後に短時間PTを組んでくださった聖さん、またいつか^^。  >ロハスさんだっけな…忘れてしまった
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-17 14:38 | 記 録
パッチを落とす。
Cβ参加者の特権……というよりは気が付いたもん勝ち的チャンス到来。
明日の混雑を予想し、今あるというパッチだけでもとDLを開始した。
朝まで頑張れ、パソコン&回線くん。
約100Mなんかに負けないぞ!(ぷ

……なんとなく、明日(今日)の14時以降にも、
またパッチがありそうな気がしないでもない。
どちらにせよ、何があっても苦にならないのが不思議。
[PR]
by ii_lierre_ii | 2006-02-16 00:41 | 記 録